卒業生の声

卒業生の声

理学療法学科 卒業生

2012年卒業 理学療法士 ふれあい鶴見ホスピタル
長嶋 修平(神奈川県立逗葉高校出身)

私が働くふれあい鶴見ホスピタルでは、怪我や病気で入院された患者様が、住み慣れた自宅や地域で再び生活することを目指しリハビリテーションに取り組んでいます。
ここでの理学療法士の仕事は患者様の今後の生活に大きな影響を与える仕事であり、責任を感じながら患者様一人ひとりと向き合っています。
学生時代は楽しいことも、辛いこともありました。どんなときも先生方は私たちに対して、親身に接してくださいました。時には厳しく指導を受けたこともありましまたが、その時に学んだことが今の仕事につながっています。理学療法士は患者様の笑顔に接することのできるとてもやりがいのある仕事です。「理学療法士になる」という強い気持ちを持って学んでください。
私は現在、学生の臨床実習の指導にもあたらせていただいています。皆様と臨床実習でお会いできるのを楽しみにしています。

 
卒業生(PT)

作業療法学科 卒業生

2011年卒業 作業療法士 茅ヶ崎新北陵病院
工藤 美幸(横浜市立戸塚高校出身)

 
学生時代の一番の想い出は臨床実習です。臨床実習は苦労の連続でしたが、それまでの授業での知識を現実のものとして捉えることができるなど、大変さの中にも充実感を感じながら取り組んだことを今でも憶えています。またふれあいグループの茅ヶ崎新北陵病院を就職先として選んだのも、臨床実習がきっかけでした。そこで働く先輩方の明るい雰囲気や患者様との関わり方を間近で見て、「自分らしく働ける病院かもしれない」と感じていた時に、実習病院から就職の推薦をいただきました。私は患者様の生きる世界に寄り添いながら、その人がその人らしく生きるための支援をしていきたいと考えています。それが叶えられる病院に臨床実習で出会えたこと、さらには推薦される形で希望の就職先を実現できたことは、とても幸せだったと思います。作業療法士としてまだまだ葛藤を繰り返す毎日ですが、目標に向かって頑張っていきたいと思います。

 

卒業生( OT)

言語聴覚学科 卒業生

2014年卒業 言語聴覚士 湘南東部総合病院
小泉 千織(早稲田大学人間科学部 出身)

 
大学卒業後、教育業界で働いていましたが、家族が脳出血で倒れ失語症になりました。「失語症?」初めて聞く言葉に、家族としてどう支援したら良いのか困惑したのを覚えています。とにかくリハビリを見学してみようと言語療法室を覗いたことが言語聴覚士との出会いでした。自暴自棄になっている家族に対し、ただただじっくり話に耳を傾ける言語聴覚士の姿があり、私もこのように患者様とじっくり向き合える、寄り添える仕事に就きたいと思いました。しかし患者様に寄り添うということは簡単なようでとても難しいことなんだと日々臨床を経験し感じています。患者様とそのご家族の一番の理解者を目指し、勉強と経験を積んでいきたいと思います。

 

卒業生(ST)

 
 
資料請求
 
学校説明会
 
アクセス
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校