作業療法学科

作業療法学科(Occupational Therapist)

作業療法士とは

作業療法士とは、病気や怪我などの理由により身体的、また精神的に障がいを持つ人、またはそれが予測される人に対して、種々の作業活動(遊び、創作活動、身体運動、日常生活に関連するもの、職業的なものなど)を用いて、より健康的な生活が送れるように治療指導、援助を行う職業です。
できる限りその人の生きる意欲が高められ、人生が輝いていくには何が必要なのか。それを考えることが作業療法の視点です。そして治療のみならず、その人がこれまで生きてきた人生を省みて、これからの人生をどう生きていくのかを考える援助も行っていきます。 

学科概要

取得資格

作業療法士国家試験受験資格

卒業により高度専門士

入学定員

30名(30名☓1クラス)

修業年限

4年間

その他

WFOT(世界作業療法士連盟)認定

一般社団法人リハビリテーション教育評価機構認定

高度専門士

作業療法学科の特徴

一学年30名の少人数制

当校の作業療法学科の入学定員は30名です。少人数制のメリットは、作業療法士になりたいと願う方一人ひとりに充実した学習環境の提供ができることです。また通常は4年次に二回実施することの多い総合臨床実習を、当校では三年次の最後に一回、4年次に一回とすることができるため、4年生の早い段階で臨床実習を終えることができます。これにより作業療法学科の学生は早い時期から、国家試験対策や就職活動を本格化させることができます。

 

カリキュラム

基礎分野

文章表現法、基礎科学、物理学、生物学、基礎数理学、医学概論、医学英語、健康科学

専門基礎分野

解剖学Ⅰ、解剖学Ⅱ、解剖学Ⅲ、解剖学実習、生理学Ⅰ、生理学Ⅱ、生理学実習、運動学Ⅰ、運動学Ⅱ、人間発達学、病理学、臨床心理学、内科学Ⅰ、内科学Ⅱ、神経内科学Ⅰ、神経内科学Ⅱ、整形外科学Ⅰ、整形外科学Ⅱ、臨床医学、精神医学、リハビリテーション医学、リハビリテーション概論、社会福祉学、専門職連携論

専門分野

作業療法概論Ⅰ、作業療法概論Ⅱ、基礎作業学講義、基礎作業学演習Ⅰ、基礎作業学演習Ⅱ、作業科学、作業療法教育法、身体障害評価法講義、身体障害評価法演習、精神障害評価法講義、精神障害評価法演習、日常生活活動評価法演習、身体障害治療学Ⅰ、身体障害治療学Ⅱ、身体障害治療学Ⅲ、精神障害治療学Ⅰ、精神障害治療学Ⅱ、精神障害治療学Ⅲ、発達障害治療学Ⅰ、発達障害治療学Ⅱ、高齢期障害治療学、高次神経障害治療学Ⅰ、高次神経障害治療学Ⅱ、義肢装具学、日常生活活動学Ⅰ、日常生活活動学Ⅱ、作業療法研究法、卒業研究Ⅰ、卒業研究Ⅱ、生活環境学Ⅰ、生活環境学Ⅱ、地域リハビリテーションⅠ、地域リハビリテーションⅡ、見学実習、評価実習Ⅰ、評価実習Ⅱ、総合臨床実習Ⅰ、総合臨床実習Ⅱ

作業療法学科1
 
作業療法

 

作業療法学科 2学年の時間割(2017年前期の場合)
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1限目
(9:00〜10:30)
整形外科学Ⅰ 運動学Ⅱ 病理学 身体障害評価法講義 臨床心理学
2限目
(10:40〜12:10)
整形外科学Ⅰ 運動学Ⅱ 精神医学 身体障害評価法演習 生活環境学Ⅰ
3限目
(13:00〜14:30)
精神障害評価法講義 内科学Ⅱ 神経内科学Ⅰ 内科学Ⅰ 日常生活活動学Ⅱ
4限目
(14:40〜16:10)
精神障害評価法演習 ホームルーム 神経内科学Ⅰ   日常生活活動学Ⅱ

学生の声はコチラ

卒業生の声はコチラ


資料請求
 
学校説明会
 
アクセス
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校